組織と活動内容

 

中小企業家同友会全国協議会(略称 中同協)の組織

中同協事務局 〒102-0074東京都千代田区九段南4-7-16市ヶ谷KTビル3F
電話 03-5215-0877 FAX 03-5215-0878
会長 鋤柄 修
加盟企業数 47都道府県 会員 45,000企業経営者
平均企業規模
・従業員数 30名・資本金 1,500万円

石川県中小企業家同友会の組織

代表理事 岩木 弘勝
創立 1976年5月21日
会員数 405名(2016年4月現在)
事務局 〒920−0059 金沢市示野町南52 AKビル3階
電話 076−255−2323

石川同友会は県下に5支部があり、地域ごとに、能登支部、金沢駅西支部、金沢中央支部、金沢城南支部、南加賀支部で構成されています。

石川同友会の組織

 

▲ このページの先頭にもどる

石川同友会の主な事業

  • 経営者研修事業:経営哲学、経営戦略、マーケティング、社員教育、異分野進出、財務強化、事業承継、流通革新など経営における様々な課題を、異業種交流を軸に研修する。
    事業例)支部例会 県経営者フォーラム 経営講演会
  • 社員教育事業:会員企業の社員教育を、同友会のスケールメリットを活かして開催、経営者と一緒に研修する。
    事業例)新入社員研修 ビジネスマナー・営業研修
  • 経営指針確立・実践事業:会員企業で経営指針(経営理念・経営方針・経営計画)を確立し実践するための研修をする。
    事業例)経営指針成文化講座
  • 共同求人事業:中小企業における優秀な人材の発掘と確保のための求人情情報の展開、全国の大学、短大、専門学校等への発進、求人のための労働環境の整備等を研修する。
    事業例)合同企業説明会 新卒求人誌の発行 制度勉強会
  • 青年経営者の研修事業:企業と同友会の後継者育成などを目的に事業承継や、リーダーの役割等を学ぶ。
    事業例)青年経営者委員会定例会
  • 地域貢献事業:一般市民向け、一般経営者向け、社会的弱者等その時々の経済社会情勢に合わせて、地域社会の活性化につながると考えられる事業を展開する。
    事業例)市民参加イベント
  • 政策提言事業:中同協を通じてまた地元自治体への政策提言、要望提出で地域活性化を進めていく。
    事業例)中小企業対策予算の充実要望首長懇談会
  • 広報事業:会報「DOYU石川」の発行などを通じて、会員企業の様々な情報、全国や地域の動き、業界の動向などを告知する。またマスコミとの連携で、会の認知度向上をはかる。
    事業例)会報の発行 会員名簿の発行 マスコミ表敬訪問

 

▲ このページの先頭にもどる

石川同友会内で独自の執行機関を持つ研修組織活動

  • 経営指針研究会:同友会が展開している経営指針の作成とその実践、及びそれらの 「ザ・コンパス」 経験交流を通して幅広く経営知識の習得と企業の発展をめざす。視察・勉強会など。
  • 情報通信研究会:情報通信の高度利用による資質向上と企業体質の強化を通して情報通信業の地位向上・社会的貢献を目指す。
  • 環境ビジネス研究会:環境にやさしい商品開発・サービス等の研究・ビジネスチャンスを通して幅広く経営知識の習得と企業発展を目指す。月1〜2回勉強会。
  • シルバービジネス研究会:高齢化社会による介護ニーズから、自らの学びと新たなビジネスチャンスの具体化をめざす。毎月第3金曜日。
  • 国際ビジネス研究会:海外の実状を学び、諸外国との交流を図りながらビジネスに結びつける。海外視察や英会話教室。
  • 異業種交流研究会:異業種交流を通して企業体質の強化改善、新分野への進出など図り、 「ザ・ループ」 経営の戦略的発展をめざす。毎月8日勉強会・視察。

 

▲ このページの先頭にもどる

石川県中小企業家同友会規約

 

▲ このページの先頭にもどる

同友会とは?へ

組織と活動内容へ

調査・見解・提言へ

勉強会&交流会へ

支部の活動報告へ

委員会活動へ

共同求人活動へ

会報誌 どうゆう石川へ

企業訪問へ

会員の声へ

リンク集へ

同友会活動支援システムへ

同友会PRムービーへ