会員の声

【15.01.01】あれから1年(19)

来人喜人 代表 山崎 和美 会員

  人と契らば濃く契れ 

 
 「おもてなし」という言葉が定着し始めた矢先のことだった。起業して六年、ノリと勢いでの若い商売の方法は、疾うに賞味期限切れのような状態にあることを悟った。これから先の十年、十五年を、どのように、いかに経営していくべきなのか。何を目指すべきなのか、皆様にとって痒い所に手が届く心づくしの「おもてなし」とは、と試行錯誤しているタイミングで同友会への入会お誘いがあった。この一年を振り返ると、やはり従業員の姿勢にも変化が出てきた。「明日は同友会だからお店を任せたよ!頼んだよ!」と言えるようになった。一年前の私の口からは、まず出て来ない言葉だ。
 従業員にも責任感と達成
感が芽生え出してきた。リーダーシップという責任の重みをお客様皆様への「おもてなし」という優しさに変えて、日々成長し学んでいきたいと思う。従業員という「人」、お客様という「人」、どちらとも「人と契らば濃く契れ」と思う。
 取材を受けてみて「忘新年会、各種会合のご予約を心よりお待ち申し上げます」という気持ちは隠せない。取材への御礼の気持ちが込みあげ、皆様に「謹んで初春のお慶びを申し上げます」という挨拶をしたくなる必然を感じる。「おもてなし」の感情は、そういったものだろう。

▲ このページの先頭にもどる

同友会とは?へ

組織と活動内容へ

調査・見解・提言へ

勉強会&交流会へ

支部の活動報告へ

委員会活動へ

共同求人活動へ

会報誌 どうゆう石川へ

企業訪問へ

会員の声へ

リンク集へ

同友会活動支援システムへ

同友会PRムービーへ